保険の窓口相談を断られるケース

保険の窓口相談の予約をしたけど「断られてしまった!」そんな時に考えられる理由を3つご紹介しています。

病歴や既往症によって提案できる保険会社・商品がない場合

保険は仕組み上、病気や既往症があると加入できる保険会社や商品が限定されることが一般的です。それは、健康な人と、病気をしている人では、病気を発生する確率や死亡率が異なるため、保険の契約者間の平等性が保てなくなるためです。

もちろん、最近では告知の項目が限定されている緩和型の保険も販売されていますが、患っている病気や症状、治療歴によっては、加入できる保険がないケースもあります。

公的な保険の手続きを希望した場合

保険ショップで取り扱っている保険は主に民間の保険会社が販売している保険商品のため、健康保険や助成金など公的な保険、社会保障についての手続きは店頭ではできません。 (プランナーは公的な医療保障を知識は持っているため、公的な保険でカバーできない範囲を民間の保険会社で保障を準備する相談はもちろん可能です。)

キャンペーンやプレゼントを目的に相談している場合

保険ショップの店舗によっては、来店や窓口で相談をするとプレゼントを進呈するキャンペーンを実施することがあります。 こういったキャンペーンはあくまでもお店にお客様が足を運ぶハードルを下げるために実施しているのであって、プレゼントを配ることが本来の目的ではありません。

そのため、保険の相談を全くする意思がないのにも関わらずプレゼント目的で予約や来店した場合は、ひやかし相談として判断され、相談を断られる場合があります。

保険の窓口・保険相談ランキング

  1. No.1

    保険見直し本舗

    保険見直し本舗は、ジャニーズの山Pこと山下智久さんをテレビCMに起用したことで話題の日本最大級の保険ショップです。 店舗数は全国に200店舗以上出店していて、その全てが直営店舗として運営されているので、万が一引越しても、全国の保険見直し本舗で相談をすることができます。

  2. No.2

    ほけん百花

    オリコンの顧客満足度調査の来店型保険ショップ部門でNo.1を受賞した人気が高い保険ショップです。 生命保険や医療保険、がん保険だけでなく、自動車保険や旅行保険、ペット保険など商品ラインナップが幅広いことが特徴です。

  3. No.3

    保険テラス

    落ち着いた雰囲気のある店舗が印象的な保険テラスは、関東・関西を中心にショッピングセンターや駅近など便利な立地にある保険ショップです。 経験と実績が豊かなプランナーによる窓口相談を体験することができます。

※このランキングは本サイト経由のアクセス数・予約数をもとに決定しています。