保険の窓口にいる人の資格と免許

保険の窓口相談ができるお店では保険の「専門家」や「プロ」といった人が在籍していますが、その人たちがどのような資格や免許を持っているかをご紹介したいと思います。 (実際は店舗やプランナーによって持っている資格は異なりますが、ここでは一般的なものをご紹介しています。)

必ず持っている資格

募集人資格

これは保険を提案・販売(募集)する人は必ず持っていないいけない資格です。生命保険、損害保険、少額短期保険と一般的な3つ種類の保険を取り扱うためには、 生命保険募集人資格、損害保険募集人資格、少額短期保険募集人資格が必要となります。

募集人資格を持っていない人が保険を提案したり販売することは、法律で禁止されています。そのため、保険の窓口のような保険ショップには、必ず募集人資格を持ったプランナーが在籍しています。また、募集人資格は、一般課程から始まり、応用課程・大学課程など、より専門的な知識を持つための段階が用意されています。(少額短期保険を除く)

人によって持っている資格

FP技能士

FP技能士とは、ファイナンシャルプランナー資格の一つで、国家資格となります。保険だけではなく、資産設計や不動産、相続など金融周辺の専門知識を有している資格です。この資格には、1~3級までの階級があります。

CFP・AFP

CFP・AFPは日本FP協会が実施している民間資格です。国家資格のFP技能士とは異なり、資格には有効期限があるため、継続的な教育が必要となります。(CFP資格は、FPの世界標準資格とされていて、国際的に通用します。)

MDRT

MDRTとは、「Million Dollar Round Table」の略で、MDRT会員は卓越した商品知識をもち、厳しい倫理基準を満たした人だけに与えられる称号です。MDRTはの基準は「保険契約数×契約金額」がトップ5%に入っていると認められます。一言で言うと、保険のトップセールスマンに与えられている照合です。

保険ショップは、若い方からご年配の方まで色々なお客さまが利用されるので、MDRTを持っているプランナーはそう多くありませんが、店舗によっては在籍しています。

保険の窓口・保険相談ランキング

  1. No.1

    保険見直し本舗

    保険見直し本舗は、ジャニーズの山Pこと山下智久さんをテレビCMに起用したことで話題の日本最大級の保険ショップです。 店舗数は全国に200店舗以上出店していて、その全てが直営店舗として運営されているので、万が一引越しても、全国の保険見直し本舗で相談をすることができます。

  2. No.2

    ほけん百花

    オリコンの顧客満足度調査の来店型保険ショップ部門でNo.1を受賞した人気が高い保険ショップです。 生命保険や医療保険、がん保険だけでなく、自動車保険や旅行保険、ペット保険など商品ラインナップが幅広いことが特徴です。

  3. No.3

    保険テラス

    落ち着いた雰囲気のある店舗が印象的な保険テラスは、関東・関西を中心にショッピングセンターや駅近など便利な立地にある保険ショップです。 経験と実績が豊かなプランナーによる窓口相談を体験することができます。

※このランキングは本サイト経由のアクセス数・予約数をもとに決定しています。